身のコト

【レビュー】口コミで話題。初心者にオススメしたいイニスフリーのレチノール

イニスフリー レチノール

最近コスメ好きの間で話題になっている「レチノール」という成分をご存知でしょうか。

レチノールは美容成分の中でも重要な役割を果たすビタミンA群に位置する成分となっており、肌のシワやハリの改善やターンオーバーを促進したりと目に見える部分はもちろん、細胞レベルでの改善を促してくれる成分。

今回はそんなレチノールを配合するアイテムでもSNSでヒトキワ話題になっているinnisfreeの「レチノール シカ リペアアンプル」について、レチノールの効果や効能、使い方を口コミなどから紐解きながら、実際に使ってみた使用感をお伝えしていきます。

やや長くなっているので、目次から気になる項目をチェックしていただけると良いかもしれません。

innisfreeの「レチノール シカ リペア アンプル」とは

イニスフリー レチノール

今回ご紹介するアイテムは韓国発のスキンケア・コスメブランド「innisfree (イニスフリー)」が販売する「レチノール シカ リペアアンプル」というアイテム。

名前から分かる通り「肌のターンオーバーを促すレチノール」と「鎮静作用を持つシカ」成分が配合された、「攻めと守り」を一つで担うアイテム。

レチノールは刺激や副反応が多く「A反応」と呼ばれる症状が発生しやすい成分ではありますが、innisfreeのレチノールは副反応が現れにくいという口コミが多いことから、レチノール製品の中でも手に取りやすいアイテムになっています。

レチノールの成分や効果・効能・副反応

イニスフリー レチノール

今回ご紹介するinnisfreeの「レチノール シカ リペアアンプル」を初め、今レチノールを配合するアイムが人気の理由はどこにあるのか?

ここからは「美容成分の御三家」の一つとも言われるビタミンA群に属するレチノールの成分や期待できる効果をお伝えしていきたいと思います。

レチノールが属するビタミンA群の性質や副反応

前述の通り、レチノールは「ビタミンA」に属する成分になっています。

このビタミンAに属する成分は主に「紫外線によるシミやシワ」、「乾燥による小ジワ」、そして「たるみや毛穴」へ効果を発揮する成分として知られています。

そんなビタミンAは脂溶性ビタミンの一種に分類され、水に溶けにくい性質を持っています。

そのため過剰摂取してしまった場合でも体外に放出されず、体内に蓄積されることが多く、取り過ぎた際には頭痛や皮膚炎といった症状が発生することもあるそうです。

また、熱や高温により酸化が促されてしまい効果を発揮できなくなってしまうため、使用後一定時間は日光や熱・高温にさらされる状態は避けることがオススメです。

レチノールで期待できる効果

用法や容量には注意する必要があるビタミンA (レチノール) ですが、SNSでの取り上げられ方を見ても想像しやすいように、効果を実感しやすいアイテムになっています。

先ほど、レチノールは「紫外線によるシミやシワ」、「乾燥による小ジワ」、「たるみや毛穴」に効果があるとお伝えしたところですが、ここではもう少し詳細にお伝えします。

レチノール/ビタミンAの主な効果
  • ターンオーバーの促進
    肌の新陳代謝を高め、不要な角質を除去。肌のゴワツキを改善し、キメを整えながらくすみを改善。数多、ニキビができにくい肌を作る。
  • コラーゲン・ヒアルロン酸の生成促進
    肌にハリや弾力を与えふっくらとした若々しい印象の肌へ導く。
  • 皮脂分泌のコントロール作用
    ヒアルロン酸の生成が促進されることで肌の保湿力が高まり、乾燥による皮脂分泌を抑制。

このようにレチノールは「綺麗な清潔感がある肌を維持・促進しながら、紫外線などの刺激に肌を強くする成分」ということになります。

そのため、肌のくすみやゴワつき、皮脂テカリなどが気になる方はぜひ取り入れて欲しいアイテムになっています。

innisfreeのレチノール シカ アンプルの口コミや評判

ここまでレチノールの性質や効果・効能についてご紹介しました。

人や場合によっては副反応も出てしまうレチノールですが、実際の使用者・利用者はどのような使用感を感じているのでしょうか?

ここからは、今回ご紹介する「innisfreeのレチノール シカ リペア アンプル」を実際に使用したユーザーの口コミを見ていきたいと思います。

レチノール シカ リペアアンプルのTwitterでの口コミや評判

はじめにご紹介するにはTwitterでの口コミや評判。

プラットフォームの特性上「正直な意見」が多く見られることが多いTwitterですが、そのような中でも比較的ポジティブな口コミや評判が多く見受けられました。

ビタミンA・レチノールの効果にある「ターンオーバーの促進」という部分から肌が綺麗になっていることを実感する方が多いようです。一方で、効果実感には一定の時間が必要になりそうとの投稿も見受けられました。

レチノール シカ リペアアンプルのInstagramでの口コミや評判

次にご紹介するのはInstagram上での口コミや評判。こちらはポジティブな口コミが多い印象が強いのですが、innisfreeのレチノールに関してはTwitterに類似する口コミも見受けられました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヨモギ(@yomogi_020)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

肌よわ(@hadayowa_cosme)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matsu(@ma2life_)がシェアした投稿

「使いやすさ」や「副反応の少なさ」はかなり高い評価を得ているものの、やはりビタミンAの配合量が多い他製品と比較すると、効果の実感まで時間がかかるようです。

レチノール シカ リペアアンプルの楽天市場での口コミや評判

次のご紹介するのは楽天市場でのユーザーレビュー。

【シカ+レチノール】

話題性分のMIX!!大人気アンプル
全年齢層にオススメします!!

夏の肌ダメージに備えましょう!毛穴開き、ごわつき、マスク荒れ、肌荒れ・・・
あらゆる現代の肌悩み改善に効果が期待できるアンプル!

大人気の鎮静成分 シカ と巷で有名!アンチエイジングに特化している レチノール
この人気成分2トップが配合されているんです!

ベタつき知らず と記載されてましたが多少は感じました。
吸収力は早く、少しお化粧品の香りがします。

キャップ式ではないので衛生的です。
※先端を回すとプッシュできます

レチノール配合化粧品には有名な話ですが、

◎使用後には日焼け止めの併用を
◎ビタミンC配合化粧品との併用は控える
◎使用後はクリームを塗って刺激を抑える

以上の3点に注意しましょう。

1回あたり1~2プッシュが適量のようですが、2プッシュはちょっと多いかなぁと言った印象です。

引用:楽天市場

初めて使うのでどきどきでしたが、刺激を感じることなく、グリーンティーセラムと併用しながらスキンケアに取り入れています。

1週間ほど使ってみて肌の調子もいいので、このまま使い続けてみたいと思います。

使用感とは別にボトルについて…

ボトルの使い勝手は、グリーンティーセラムと似ているのですが。

こちらはプッシュすると沈んだまま。

押して→手動で戻す→押して→手動で戻す

この作業が地味に毎回ため息つきたくなります。

私のものだけ調子が悪かったのかはわかりませんが…ボトルの動きに不良がないかチェックしてもらえると助かります。

引用:楽天市場

 

ポンプをいくら押しても出てきません。

以前他の方の口コミにも同様のものがあり、そらに対する店舗からの返事を参考に試しましたがダメでした。分解すると何か詰まっているようです。

つかうことを楽しみにしていたのに残念です。

とりあえずポンプをとって手に出して使ってみましたが、ピリピリ感はそこまで強くなかったのでこれから継続して使っていきたいです。

容器は別の容器に詰め替えるしかないかなと考えています。

引用:楽天市場

美容液としての「刺激の低さ」や「吸収力の高さ」そして「肌のコンディション向上」という観点で高い評価を得ています。

マイナスポイントとしてはボトルポンプの使いづらさ。これは今回ご紹介した口コミ以外でも多く寄せられており、日常的に利用するアイテムとしては許容できないラインのようです。

レチノール シカ リペアアンプルの@cosmeでの口コミや評判

最後にご紹介するのが@cosmeの利用者レビュー。

レチノールシカリペアセラム☆
レチノールクリームは最近ずっと気になっていたのですが、赤みがでたりと副反応や使用の仕方が難しそうだなと思って、購入を悩んでましたが、イニスフリーのレチノールはお肌に優しめと言うことで、購入しました!

攻めのレチノール守りのシカ☆というキャッチコピーに惹かれました( ^ω^ )
毎日使用できるのがとても良いです!

使用後はお肌が滑らかになり、ニキビなどの肌トラブルも少なくなりました☆
お肌が明るくなった感じもあります♪

引用:@cosme

レチノールに興味があったのとCICAが配合されているので魅力的で、Qoo10で12月に購入しました。

サラッとした液で、ワンプッシュで顔全体に伸びます。ピリピリするというレビューも感想も見かけましたが、敏感肌ですが私は問題ありませんでした。
レチノールが入っているということで、朝に使用する場合は日焼け止め必須と書いていたので、とりあえず夜だけ使用しています。

ニキビへの効果はあまり分かりませんが、少しハリが出たような気がします。
使用を続けて効果を確かめたいと思います。

結構小さい容器ですがワンプッシュが少ないのでコスパは良さそう。プッシュするところを回すことでロックもかかるので便利です。

引用:@cosme

こちらでも「副反応の低さ」や「刺激の低さ」、「肌トラブルの改善」や「トーンアップ・ハリ」など、ビタミンAが効果を発揮するポイントで効果実感をしている方が多く見受けられました。

また、楽天市場では不評だったボトルも別視点から見ると「コスパがいい」というコメントもありました。

レチノール シカ リペアアンプルを使ってみた使用感

イニスフリー レチノール

ここまでinnisfreeの「レチノール シカ リペア アンプル」を実際に使った方々の口コミや評判をご紹介しました。

即効性やボトルの使用感に賛否両論ありますが、美容液としての浸透力や肌の健康維持・改善という点においてはポジティブな口コミが多く見受けられました。また、先にご紹介したように肌にとって有効な成分が配合されていることもわかりました。

ここからは僕自身が実際に使ってみて感じたことや使用感をお伝えしていきます。

【レビュー】レチノールシカリペアアンプルを使ってみた感想や使用感

ここまで様々なサイトやSNSでの口コミや評判をお伝えしましたが、ここからは僕自身が使ってみた感想をお伝えしていきます。個人的な感想をまとめると次の通り。

レチノールの使用感
  • 低刺激で初めてでも使いやすい
  • 肌馴染みがよく、浸透力が強いため保湿効果も一定あり
  • 肌のくすみやゴワツキ、毛穴の目立ちが軽減
  • 酸化防止のためとは言えボトルが使いづらい

使用期間は約3週間ほどですがこのような効果は目に見えて実感することができるようになってきました。中でも「肌のゴワツキや毛穴の軽減」というポイントについては個人的にもっとも効果を感じたポイント。

洗顔の洗い流すタイミングやスキンケア中、手が肌に触れた時に「なめらかさ」や「柔らかさ」を実感するなど肌質の改善を感じます。

一方で、口コミにあるような「翌朝に違いを実感!」というような即効性は感じ取りにくいため、利用を考えている方はあくまで「1ヶ月ほどの継続利用」を前提に考えるのが良いかもしれません。

レチノールを使うおすすめの順番や併用アイテム

イニスフリー レチノール

このように口コミでも評判がよく、実感としても効果を感じやすいinnissfreeのレチノール。効果をしっかりと感じられるとしてもどうせ利用するなら現状のスキンケアの効果を妨げることなく利用したいですよね。

そこでオススメしたいのが「肌荒れ・しわ改善・美白」に有効な成分として知られているナイアシンアミド。僕はThe Ordinaryのものを利用しています。

この併用は美容成分や皮膚科医の方もオススメしている組み合わせになっており、効果実感を感じ取りやすくなることに加え、レチノールの刺激を抑えることにも有効なんだとか。

そのため、より健やかな肌を目指したい方はぜひ併用することをオススメします。

また、スキンケアで化粧水等を利用していることも多いと思うので使用は「水溶性 → 脂溶性」、つまり「化粧水 → ナイアシンアミド → レチノール」という順番がオススメです。

レチノール シカ リペアアンプルにA反応はあった?

結論からお伝えすると、(あくまで僕の場合ですが) A反応は全く感じられませんでした。

レチノールを調べていると必ずと言っていいほど出くわすのが、ビタミンA特有の通称「A反応」。このA反応については次のように紹介されています。

ビタミンAが不足している肌(新陳代謝の遅い眠っていた肌)に、急に多くのビタミンAを補給した時、肌の新陳代謝が促進されることで、まれに起こる反応のこと。

引用:ビタミンAとの付き合い方  | Aケア協会

このように不足している栄養素を急に補おうとすることで「乾燥」や「皮剥け」、「赤み・かゆみ」という肌トラブルが起こることを指します。

「急に補う」という部分では、「使用頻度」、「使用量」、「配合量」が関係してくると思いますが、先にご紹介した口コミでも「1 ~ 3プッシュの毎日利用」で反応が感じられていないという口コミもあることから、配合量 (0.015%) も過剰摂取にはならないくらいだと考えられます。

初めてのレチノールの利用には0.1%以下が推奨されることが多いということからも、innisfreeのレチノールが使いやすい部類であることがわかります。

そのため、これから「レチノールをスキンケアに取り入れたい」という方にとってはとても使いやすいアイテムだと思います。

より高い効果を求めるなら配合量が多いものもオススメ

レチノールを継続的に使っていく中で効果を実感したりすると「もっといいものを使ってみたい!」となりますよね。

そこでオススメしたいのがトゥヴェールのレチノール。副反応もあるアイテムであるため、すべての人に手放しでオススメできるわけではありませんが、レチノールの配合量がinnisfreeのものよりも多く配合されていることから、より透明感がある清潔な肌を目指したい方は使用を検討してみてはいかがでしょうか?

レチノールを使う際の注意点!不安な方はトライアルから

イニスフリー レチノール

ここまでinnisfreeのレチノール「レチノール シカ リペアアンプル」について、ネット上での評判や口コミ、また実際に使用した使用感をお伝えしました。

まとめると、「低刺激で副作用も少ないながら効果は実感できる」ということで、これからレチノールをスキンケアに取り入れたいという方に最適なアイテムです。一方で、使用においては次のように注意すべき点もあります。

注意点
  • 意識的に肌の保湿を行う
  • 紫外線対策を行う
  • 時間がかかる前提で考える

レチノールを利用すると肌のターンオーバーや新陳代謝が促進され一時的に肌のバリア機能が落ち、紫外線からのダメージも受けやすくなってします。

そのためレチノールの使用中は保湿を意識的に行ったり、午前中に利用する際にはしっかりと日焼け止めを使うなどの紫外線対策が必要です。

また、口コミでは「すぐに効果を実感する」という言葉が多く見受けられますが、あくまで個人差があり、時間がかかるものであるため、初めからレチノールの配合量が多いものを選ぶことはA反応が出る可能性もありあまりオススメできません。

そのため、「初めから大容量を購入するのは….」という方はトライアルサイズから始めてみて、自分の肌に合うか、A反応は感じないかを確かめてみるものオススメです。

A反応が不安な方はバクチオールを含む製品もオススメ

上記のような対策を行なっていても発生する時にはしてしまうA反応。

「A反応は嫌だけど、レチノールの効能は取り入れたい」という方にはレチノールと似ていながらも副反応が少なく、安定性が高いバクチオールを含む製品もオススメです。

バクチオールとはレチノールと同様のビタミンA群に属する成分で、時間はかかるものの冒頭でご紹介したレチノールと同様の効果を発揮します。ビタミンC成分との併用や熱などへの強さ、副反応の低さなどかなり使いやすいものになっています。

以下の記事で紹介している化粧水のように成分として配合されているものも増えてきており、既存のスキンケアに取り入れ得やすいのも魅力です。

BLUE スキンケア 口コミ
【レビュー】メンズ向けスキンケア!BLUEのトライアルセットを試してみた | 口コミも紹介夏は皮脂テカリ。冬は乾燥。年齢ではタルミやシワ。 肌のトラブルは一年を通して発生するだけでなく、年齢を重ねるごとに一緒に積み重なっ...

使用方法や順番に注意して理想の自分への一歩を

イニスフリー レチノール

今回はinnisfreeが展開するレチノール シカリペアアンプルをご紹介しました。

レチノールにシカ成分を配合した、まさに攻めと守り両方を備えたアイテムになっています。また、A反応が不安視されるレチノールですが、innisfreeのレチノールは配合量が抑えられており、初心者でも安心して使いことができるアイテム。

トライアルサイズも用意されているので、気になる方はぜひ試してみてください。きっと美肌を目指すあなたの味方になってくれるはずです。