暮らすコト

【レビュー】絶品のトーストを味わえる!バルミューダーのトースターのクチコミと使用感まとめ

balmuda toaster

「絶品のトーストが食べられる」、そんなキャッチコピーを聞いたことはありませんか?それはデザイン家電で有名なバルミューダのトースターについていたコピーです。

トースターを筆頭にケトルやレンジ、サーキュレーターなどで有名なバルミューダ。トースターの購入から約1年が経過したため実際の使用感についてレビューしていきたいと思います。併せて、他の使用者の方がどのような感想を持たれているのかも一緒にご紹介したいと思います。

家電を通して「特別な時間」を提供するバルミューダ

balmuda toaster

バルミューダは2003年に東京で設立。ご存知の通りのデザイン性の高さからグッドデザイン賞やドイツの似たような賞を獲得しています。そんなバルミューダの企業理念は次の通り。

現代を生きる私たちが道具やサービスに求めているのは、驚きや感動、うれしくなるような体験なのだと思います。バルミューダは家電という道具を通して、心躍るような、素晴らしい体験を皆様にお届けしたいと考えている企業です。

引用:BALMUDA 公式HP

このようにバルミューダはケトルやトースターなどの自社製品を通して、「楽しい、心躍る時間や空間」を提供しようとしていることがわかります。

僕が初めて購入したバルミューダ製品は今回ご紹介するトースターでした。

ちょうど自宅での自粛が求められるようになった期間でもあり憂鬱な時期ではありましたが、トースト中の小麦が焼ける「甘い香り」や「サクッと軽やかな食感」で気持ち程度ではありますが、気持ちのいい気分になっていたことを覚えています。

バルミューダのトースターを使ってみた使用感

balmuda toaster

僕が購入したトースターは現在販売されている「BALMUDA The Toaster K-05A」の1つ前のモデルの「K-01E」。基本的な機能は同じものの、現行版では焼き時間を30秒単位で設定することができ、より食べ物に合わせた調理が可能になっています。

前モデルではあるものの使い始めて大体一年が経過したため、今回は「絶品のトーストが食べられる」と話題のバルミューダのトースターの「よかった点」と「いまいちだった点」をお伝えします。

バルミューダのトースター「BALMUDA The Toaster」のよかった点

balmuda toasterバルミューダのトースターに付属するレシピ

まず初めにバルミューダのトースターを「買ってよかった」と思っている点について、以下でご紹介します。

トースターのよかった点
  • 食材に応じたモード選択が可能。これにより外はサクサク、中はふわふわの美味しいトースターを食べることができる
  • 調理中の「音」と「香り」が心地いい
  • 焼き色がキレイで味覚・嗅覚に加え、視覚でもおいしさが伝わってくる
  • シンプルで無駄のない、オシャレなデザインが所有欲を満たしてくれる

バルミューダのトースターにはこのように複数の良い点があります。「絶品のトースター」というコピーは伊達ではなく、焼き加減は「素晴らしい」の一言です。

初めて使った時には賞味期限間近の食パンがバルミューダのトースターを潜らせることにより、「ホテルの朝食の食パン」に生まれ変わるような感覚を覚えました。

単純に「性能が優れている」という点もあると思いますが、無駄を削ぎ落とした空間に馴染むデザインが、実際以上に感覚を削ぎすませてくれているのではないかと思っています。

バルミューダのトースター「BALMUDA The Toaster」の悪かった点

よかった点にフォーカスしてご紹介しましたが、もちろん悪かった点・いまいちだと思った点も次の通り存在します。

トースターの悪かった点
  • 掃除・お手入れの面倒くささ
  • 細かな時間設定が難しい点 (The Toaster K-05Aでは解消)
  • トースターにしてはやや高価な価格設定

高級家電は買った後に後悔することの多い商品群の一つ。そのため、購入を検討されている皆さんが後悔をしないように、僕が感じた不満点をお伝えします。

バルミューダのトースターは税込25,850円とややトースターとしてはかなり高価な部類。シンプルでオシャレなトースターとしてはPanasonicのNT-T501、AladdinのCAT-GS13B、BRUNOのBOE052、シロカのST-2D351もあります。

それぞれ7,000円(税込) ~ 20,000円(税込)以内で購入できることを考えると、バルミューダはかなり高価格帯であることがわかるため、トースターの購入を検討されている方は上記のブランドも併せて検討してみてはいかがでしょうか?

加えて、後ほど詳しくご紹介しますが「お手入れ方法」についてもやや面倒くささがあります。バルミューダのトースターには美味しさを高めるために「スチーム機能」が搭載されています。

そのため、部品が他社のトースターに比べて細かく・多くなっておりしっかりと洗うにはやや手間がかかるようになっているため、仕方なくはありますが手入れ方法はもう少し簡易的になるとユーザー的には嬉しいところです。

バルミューダのトースターのネット上での評判

balmuda toaster

前述の通り僕個人的にはイマイチだと思う点はありながらも、「機能」や「美味しさ」、「デザイン」そして「使用体験(金額含め)」かなり満足度は高い商品だと感じています。

別の記事でご紹介しているケトルとあわせて、「精神的な満足感」や「生活の質」が向上したとも思っています。それでは他の使用者はどうなのでしょうか?

ここからは他のバルミューダユーザーがトースターの使用について「どのように感じているのか」をネット上でのクチコミをご紹介します。

要点ポイント
  • シンプルなデザインが良い
  • トーストのサクふわ食感が楽しくて美味しい
  • 価格に対する機能評価は賛否両論

ポイントとしては上記の通り。僕の感想と大きな違いはなさそうですが実際のところはどうなのでしょうか?

バルミューダのトースターのInstagramでの評判

Instagramではポジティブなクチコミが多い印象です。

「使い心地」や「デザイン」、そして「食感」に対する評価が高く投稿されていました。中でも「おうちがパン屋さんになる」というコメントはまさに使用感をピッタリと言い表している表現だと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuko Yamada(@kanayu125)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOY(@toys_vlog02)がシェアした投稿

バルミューダのトースターのTwitterでの評判

Twitterでは「美味しさ」に関するツイートが多くなっています。「生活が変わった」とまで言わしめるアイテムになっており、人によってはかなり高い満足度を感じることができるアイテムになっています。

バルミューダのトースターの楽天市場での評判

楽天市場ではポジティブ・ネガティブ両面の投稿が見受けられました。基本的にはポジティブなクチコミが多いものの、違いには大差ないという意見も見受けられました。

前述の通り「満足感・精神的な部分」が影響している可能性もあるので、期待のしすぎは禁物かもしれません。

今、使っているオーブントースターが作動しなくなり、ずっと欲しかったバルミューダを注文しました。黒は普通のお色なのでベージュを選びました。届いてすぐに使ってみました。冷凍していた食パンを一枚トースト。外はサクッサクで中はもちもちでとっても美味しいです。トースターでこんなに違うなんて驚きです。高級パンではなくても美味しく食べられそうですね!音も静かです。お手入れもしやすそうです。食パンだけではなく、クロワッサンやフランスパンなども焼けるし、お餅も焼けるし、これからが楽しみです。
いろいろ使ってみます。お値段分十分に機能してくれそうです。バルミューダのオーブントースター買ってよかったです。

引用:楽天市場

ホームセンターで買ったツインバード製から買い替えました。
トースターとしてはお値段が高いと思いましたが、サックサクのトーストに加え、ミニオーブンとして使えるのは想像以上に便利でした。
レンジでオーブンするなら予熱もいるし、冷めないと電子レンジとして使えないなど不便を感じていましたが、少量なら170度、200度、230度のオーブンがすぐに使えます。
庫内が狭いので一度に作れる量は限られますが、グラタンから焼き鳥の仕上げ、揚げ物の再加熱と大活躍しています。
ON/OFFや出来上がりの小気味いいサウンドも相まって、とても気に入りました。

引用:楽天市場

トーストを焼いて食べましたが、3000円くらいの普通のトースターと同じです。これを「すっごーい!」「全然違う!」とかテレビで言ってる芸能人は、要するにCMなんですね。
1400Kwですから、電子レンジを3台同時に起動するのと同じくらいのパワーです。
一人暮らしのアパートならブレーカーが飛んで使えないかも。
アイリスオーヤマなどの安いトースターがお勧めです。

引用:楽天市場

バルミューダのトースターのお手入れ方法

バルミューダのトースターのお手入れ方法についてはこちらの動画で紹介されている通。

機材を取り外す必要はありますが、水気をしっかり絞った布で拭き取れば大丈夫そうです。
どうしても取れない汚れがある場合は、クエン酸水溶液を染み込ませた布をでの拭き取りを推奨されています。

面倒くさい手入れの手法関連については下の記事で紹介されているので気になる方はぜひ見てみてはいかがでしょうか?

月額500円から憧れのバルミューダをレンタル

balmuda toaster左側のスイッチで「トースター」、「チーズトースト」、「クロワッサン」などのモード選択が可能

ここまでバルミューダのトースターの使用感や評判をお伝えしました。

総じて僕を含めた使用者の満足度は高く、以下動画のような心地のいい朝を迎えることもできてオススメできる商品になっています。一方で、やはり金額の高さはネック。

@archan_r バルミューダのトースターが素晴らしすぎたのでパン好きは絶対買ってほしい👏✨#vlog #日常vlog #社会人 #看護師の日常 #おうちカフェ #購入品 ♬ 2:23 AM – しゃろう

そこでオススメしたいのは家具・家電のサブスクサービス。SubsclifeやCLASという家具家電のレンタルサービスでバルミューダの家電を毎月定額で利用可能です。

将来的には買い取りたいという方はSubsclifeを、一定期間だけレンタルしたいという方は返却のしやすさからCLASがオススメです。どちらのサービスもさまざまなデザイン家電を取り扱っているので、興味がある方はぜひ見てみてはいかがでしょうか?

1日の快適なスタートをバルミューダのトースターと

balmuda toaster

ここまでバルミューダのトースターを実際に1年ほど使用した感想とネット上でのクチコミや評判をお伝えしました。

クチコミの満足度も高く良い商品であることは疑いようがありません。一方で金額の割高感は否めず、他社製品と比較すると金額的にかなりの開きがあります。

そのため楽天市場の口コミにある通り、万人にオススメできるものではありません。しかし重複にはなりますが、朝食における満足感を味覚・嗅覚・聴覚で楽しむことができる商品です。

「シンプルなデザインが好き」・「住環境を快適にしたい」という方へは強くオススメできるアイテムであるため、「欲しい!」と少しでも思われている方はぜひ一度手に取ってみて見ることをオススメします。